Q&AQ&A

LED照明・ライトについてよくあるご質問

Q LEDにはどんな特徴がありますか?
A LEDとは、一方向に電圧を加えたときに発光する半導体の素子のこと。LED照明・ライトは、白熱電球と比べ大幅に寿命が長いことが特徴です。その他にも、様々な特徴・メリットがあります。詳しくは、以下のページをご覧ください。
LED照明の導入メリットはこちら
Q LEDと白熱電球はどう違うのですか?
A 従来の白熱電球はフィラメントを加熱することで熱光が出るのに対し、LEDは電気を直接光に変えることができます。エネルギーの変換効率に優れているのがLEDの最大の特徴です。
Q LED照明・ライトにはどんなデメリットがありますか?
A デメリットをあげるとすれば導入コストがかかることです。ただし、ランニングコストが少ないため、長期間使用することで確実にペイできます。また、補助金・助成金が交付される地域なら導入コストの負担も少なくなります。
Q LED照明・ライトは熱を持たないのですか?
A 従来の電球と違い、LEDは電気を直接光に変えるため、光源自体の発熱量はほとんどありません。そのため、室内の冷房効率の向上にも寄与します。
Q LED照明・ライトは、環境負荷はないのでしょうか?
A LED照明・ライトには、蛍光灯に使われている水銀のような有害物質は使われていません。一般の不燃ゴミと同じように処分できるため環境負荷がかからず、廃棄の手間もかかりません。
Q LED照明・ライトだと、物の色が変わって見えてしまうのでしょうか?
A 照射された物体の色の正確性を示す「演色性」は、白色LEDの場合で蛍光灯とほぼ同じです。近年では、白熱電球により近い演色性を持つ製品も登場しています。飲食店・小売店などの店舗においても、料理やディスプレイしている商品の見た目を損なうことはありませんので、ご安心ください。
Q LED照明・ライトの光にはどんな特性がありますか?
A 紫外線・赤外線が少ないのがLEDの光の特性です。そのため、芸術作品や文化財などの熱害対策には最適です。また、スイッチレスポンスが早いのも特徴で、スイッチを入れれば瞬時に最大光量が得られます。
Q LEDに替えることで暗くなりませんか?
A LED照明は指向性が強いため、その特徴を考慮せずに水銀灯・蛍光灯から交換すると暗くなってしまうケースがありますが、最適な照明設計を行えば暗くなる心配はありません。エイ・ディ・システムでは、発光効率や照度だけでなく用途や省エネ性も考えた照明設計をご提案していますので、お気軽にご相談ください。
Q LED照明・ライトの寿命はどのくらいですか?
A 利用する環境によって異なりますが、LED照明・ライトの寿命は約40,000時間です。これは、従来の蛍光灯の約4~6倍、白熱電球の20~40倍もの寿命です。
Q LEDを導入すると、どのくらい電気代を削減できますか?
A 現在お使いの照明機器や環境によって異なりますので、一概に申し上げることはできません。たとえば、蛍光灯100本の交換の場合であれば、年間で20~35万円の電気代削減につながります。目安としてお考えください。
Q LED照明・ライトは主にどのようなケースに役立ちますか?
A たとえば、店舗・商業施設や工場・倉庫など、高所に照明が設置されている場所では、照明を交換する手間・コストの負担が大きくなりますが、長寿命のLEDなら交換の手間・コストをカットできます。また店舗・商業施設などにおいては、従来の照明では商品が熱を帯びて変形・変色の招くおそれがありましたが、LEDなら熱をほとんど持たないため商品の状態を維持できます。
Q LED照明・ライトは、色や明るさのバリエーションはありますか?
A エイ・ディ・システムが取り扱うLED照明・ライトは、業界では珍しい多色展開をしています。「昼光色」「昼白色」「白色」「混白色」「電球色」の5色から、使用シーンに最適な製品をご提案。導入前後で明るさや色が変わらないため、多くのお客様にご好評をいただいています。
Q LED照明・ライトは他の機器へのノイズなどの影響はありますか?
A ノイズがまったく発生しないわけではありませんが、ごく微量ですから、通常の使用環境では問題はありません。
Q LED照明・ライトは、今使っている器具にそのまま利用できますか?
A はい、利用できます。コンバーター(電圧変換器)を設置することで、現在お使いの器具にそのまま取り付けていただけます。
Q 補助金・助成金について知りたいのですが。
A 自治体によっては、LED照明・ライトの導入を支援するために補助金・助成金を交付しているところがあります。地域や時期によって内容が異なりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
Q LED照明・ライトに保証はありますか?
A 商品・条件によって異なりますので詳細はお問い合わせください

無料見積もり・無料診断・お問い合わせはこちらから

  • ページ上部へ